リーマンショック前後のFXドル円チャート

リーマンショックは2008年9月15日にリーマン・ブラザーズが破綻したことをきっかけに発生した、世界同時金融危機のことを指します。日本のFXはこの時点では法整備が整えられておらず、現在では考えられない高い倍率でのレバレッジをかけて取引をする人が多くおりました。

買いポジションで外国通貨を持っていた人の多くはロスカットに見舞われましたが、反対に円高方向に強く推し進められたため、リーマンショック後に売りから入った人には利益を出しやすい相場ともなっていました。

FX取引における経済・政治情勢の変化の重要性について、リーマンショックを題材にして見ていきましょう。

続きを読む