セントラル短資FXの業界最狭水準の魅力的なスプレッドを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

セントラル短資FXは業界最狭水準の魅力的なスプレッドが提供されています。スキャルピング取引も公認されていますので、短期取引を考えている方にはセントラル短資FXの利用がおすすめです。

本記事では、セントラル短資FXの魅力的なスプレッドをご紹介していきます。

セントラル短資FXのスプレッドの魅力

「スプレッド」とは、FX取引における買値と売値の差のことをいいます。実質的なFX会社の手数料であり、スプレッドが狭いということは、取引に対するFX会社の利益が薄くなるということと同義であり、トレーダーにとっては、利益が出しやすい環境であるということができます。

セントラル短資FXのスプレッドは「原則固定レート」が適用

また、セントラル短資FXのスプレッドは「原則固定レート」が適用されております。これは、基本は固定レートのスプレッドが適用されますが、市場の流動性が低い場合にや、急激な為替相場の変動があった時などは一時的に異なるスプレッドが適用されるレートのことです。

セントラル短資FXの通常スプレッドの掲示率は「米ドル/円」で99.81%程度と安定しています。

通貨別!セントラル短資FXのスプレッド一覧

セントラル短資FXの通貨別のスプレッドは下記の通りです。

通貨ペア スプレッド 通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.2銭 メキシコペソ/円 0.2銭
ユーロ/円 0.4銭 豪ドル/円 0.5銭
ユーロ/豪ドル 0.3pips ポンド/円 0.9銭
ランド/円 0.9銭 NZドル/円 0.9銭
トルコリラ/円 1.7銭 人民元/円 1.8銭
スイス/円 4銭 カナダ/円 4銭
豪ドル/米ドル 0.7pips ポンド/米ドル 0.8pips
NZドル/米ドル 1.8pips ユーロ/ポンド 1pips
米ドル/カナダ 1.8pips ユーロ/豪ドル 1.8pips
ポンド/豪ドル 3pips 米ドル/スイス 4pips
ポンド/スイス 5pips NZドル/スイス 5pips
豪ドル/スイス 5pips ユーロ/スイス 5pips
豪ドル/NZドル 6pips

セントラル短資FXと大手FX会社の主要通貨スプレッド比較

セントラル短資FXは「スキャルピング」を公認しており、規約を気にすることなく超短期取引をすることができます。FX会社によっては、スキャルピングを禁止している所もありますので気をつけましょう。

スキャルピング公認のFX会社と、セントラル短資FXのスプレッドの比較は下記の通りです。

通貨ペア セントラル短資FX ヒロセ通商 JFX FXプライム
米ドル/円 0.2銭 0.3銭 0.3銭 0.6銭
ユーロ/円 0.4銭 0.5銭 0.5銭 0.9銭
ポンド/円 0.9銭 1.0銭 1.0銭 1.8銭
豪ドル/円 0.5銭 0.7銭 0.7銭 1.3銭
ユーロ/米ドル 0.3pips 0.4pips 0.4pips 0.6pips

スキャルピングが公認されているFX会社の中では、セントラル短資FXのスプレッドは最狭水準であるということができます。

セントラル短資FXはスキャルピングも公認されている

「スキャルピング」はシステムに多大な負担がかかるため、禁止しているFX会社も多くあります。スプレッドの狭い「SBI FXトレード」や「DMM FX」はスキャルピングを禁止していますので、ご注意ください。

セントラル短資FXのスプレッドの狭さは魅力的

本記事では、セントラル短資FXのスプレッドの魅力についてご紹介してきました。セントラル短資FXはスキャルピングを公認しており、かつスプレッドも狭いため、短期取引中心にトレードする方におすすめのFX会社です。新規口座開設のキャッシュバックキャンペーンも開催されていますので、是非前向きに利用を検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket