セントラル短資FXの確定申告手続きと基本知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

セントラル短資FXでの取引で得た利益は、確定申告をする必要があります。しかし、セントラル短資FXでの利益は通常の給与所得などとの合算ではなく、雑所得として取り扱われます。このように、セントラル短資FXでの確定申告をする際には、基本知識を抑えておくことが必要です。

本記事では、セントラル短資FXでの確定申告手続きと基本知識についてご紹介していきます。

セントラル短資FXで確定申告の基礎知識

セントラル短資FXなどのFX会社を通じて得た利益は、「雑所得」に該当します。

雑所得が所得控除額を超えた場合には確定申告が必要であり、所得控除額は人によって異なります。

  • 給与所得者:20万円
  • 被扶養者(専業主婦や学生):38万円

セントラル短資FXでの利益にかかる税率

また、セントラル短資FXなどのFX取引で得た利益については、「先物取引に係る雑所得等の課税の特例」が適用され、所得税とは別の税率がかかります。下記の通りです。

  • 所得税15%(ただし、平成49年までは復興特別所得税がかかり15.315%)
  • 住民税5%

セントラル短資FXで得た利益については、「合計20.315%」かかると理解しておくと良いでしょう。

セントラル短資FXでの確定申告対象となるタイミング

また、セントラル短資FXで得る利益については、「為替差損益」と「スワップポイント」の2種類があります。

為替差損益については、ポジションを決済しない限りは確定申告の対象とならないため、含み益がいくらあっても、決済しない限りは確定申告に算入する必要はありません。

しかし、スワップポイントについては、FX業者によって対応が下記のように異なります。

  • ポジションを決済した時点で口座にスワップポイントが反映
  • ポジションを決済しなくても、口座に毎日スワップポイントが反映

毎日口座に反映される場合は、当該年度に反映されたスワップポイントは確定申告の対象となります。しかし、決済時にスワップポイントも口座反映する場合は、ポジションを決済するまでは課税対象となりません。

セントラル短資FXでは、スワップポイントは毎日口座に反映されるため、ポジションを決済しなくてもスワップポイントは課税対象となり、他の雑所得と合計して所得控除額を超えた場合は、確定申告が必要となりますので覚えておきましょう。

なお、特定期間の利益については「期間損益計算書」で簡単に確認することができます。

セントラル短資FXで確定申告をする手順

ここまでご紹介してきたように、セントラル短資FXでの確定申告には基本知識を覚えておくことが大切になります。セントラル短資FXでは、動画の「確定申告サポートセミナー」が提供されていますので、所得控除額を超えた場合にあ受講するようにしましょう。

セントラル短資FXの確定申告まとめ

本記事では、セントラル短資FXの確定申告の基本知識についてご紹介してきました。セントラル短資FXで得た利益については、為替差損益は決済時、スワップポイントは当該年度に口座反映された金額が対象となります。所得控除学を超過した場合には確定申告が必要となり、雑所得して取り扱われ、20.315%の税率が課せられます。

忘れてしまわぬことがないよう、セントラル短資FXで得た利益は、きっちり計算して確定申告をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket